<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

知って得する、お米とごはんの知識   

 このたび台東区役所の大会議室で、お米屋さんの大先輩の佐々木さんと僕のふたりでお米の話をしようと言う事になりました。質問コーナーも設けましたので、日頃の疑問もぶつけてください。待ってま~す。
f0073704_2121137.jpg

 今まで常識だと思っていたことが実は・・・? 
すべての現象に原理があるのです。今まで通りとかみんながするからとかでは理由にならない時が来るでしょう。
[PR]

by ainokome | 2009-01-30 21:24 | 愛米のお知らせ | Trackback

ちゃんと営業していますよ~!   

 店の前は工事の車両で塞がれていますが、あいざわ米店はちゃんと営業中です。
どんな感じかって?↓こんな感じ!プンッ!047.gif
f0073704_21572585.jpg

 でも、歩道がきれいになるんだって。公共工事。全部が無駄とは言ってませんよ~
[PR]

by ainokome | 2009-01-20 22:04 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

さすがの旨さ!本家本元本場秋田県のあきたこまち   

 粒がきれい、香りがいい、味は確かに甘味が濃い。本家本元のあきたこまちはさすがの美味しさです。作っている生産者の考え方が今、売れるもの、みんなが喜ぶものを作ろう、安心安全な付加価値も大事だと、どんどん進んでいるのです。

 今までの秋田県の農業は、需要拡大の社会情勢を背景に、出来るだけ多く収穫できるよう効率的に作付けする事に重点をおいていました。しかし今は生産効率よりも、自然との共生、量より質、環境ルネッサンスと、よりお米のことを見つめる農業に変わって来ているのです。

 手間暇かけないと良いものは作れないのですね~。
f0073704_239621.jpg

 秋田県北秋田市の鷹巣のあきたこまちです。秋田美人とギネスブック登録の大太鼓の町。美人を作るって本当かな!?
f0073704_2311762.jpg

 粒よりの美味しいお米。何より見た目がプックリしてて美味しそう。玄米が元気!奥羽山脈や世界遺産の白神山地の、滋養を集めた米代川流域の恵まれた土地と、弛まぬ人の努力が創造した逸品なのです。
f0073704_231452.jpg

 当店では精米したてを1kgから店頭で販売しています。配達は5kgから¥2680(エリア内)です。
発送もOKです。詳しくは 0800-800-2803 までお問い合わせください。
本当においしい「あきたこまち」です。
[PR]

by ainokome | 2009-01-18 23:30 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

自然保護の農村が生んだ美味しいお米。蕪栗米。   

 宮城県の蕪栗沼(カブクリヌマ)は渡り鳥の越冬の百選に数えられる自然の宝庫。はるばるシベリアからマガンや雁などがひと冬を越しに渡ってきます。渡り鳥ばかりでなく動植物の豊かさは、そのまま自然の豊かさの証明です。そして、ラムサール条約という渡り鳥などの自然を保護する特別な場所として登録もされたのです。

 今、食の安全がとても重要な事として社会問題になっています。鳥も近づかないなんて安全なはずありませんよね。そんな蕪栗の美味しいお米「ひとめぼれ」を仕入れました。

 新潟の佐渡島ではコシヒカリを朱鷺米と名づけて販売中ですが、あいざわ米店ではこの宮城県の蕪栗産のひとめぼれをマガン米にしようかな。今のところは「蕪栗米ひとめぼれ」として販売中ですけど。
f0073704_0172621.jpg

蕪栗米ひとめぼれ 5kg 2500円 (店頭渡し価格)
甘くてふっくらやわらか、舌ざわりも弾力も見た目も良いお米。
[PR]

by ainokome | 2009-01-11 00:30 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

1月24日土曜日 臨時休業   

 今年もよろしくお願いしま~す!
あいざわ米店はスピード店頭精米でお待たせしません。選りすぐりの美味しい玄米を用意してお待ち申し上げます。新鮮つきたてのお米をどうぞ!

 ところで今月の第4土曜日の24日は一日お休みします。ご不便をおかけしますがご了承ください、よろしくお願いします。
                              001.gif

 次の日の日曜日は平成小学校の校庭で「ゲンコツもちつき大会」だって!みんな集まれ!美味しい会津産ヒメノモチを用意するよ~!午後からだよ~。
[PR]

by ainokome | 2009-01-08 23:24 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

新年は1月5日から営業開始です。   

 服喪中につき新年のあいさつを控えさせていただきますが、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。12月にこの米屋の初代おかみさんの武(たけ)95歳が永眠し、あいざわ米店では一人少ないお正月です。
 みんなはオバチャンと呼び、愛嬌のあるいつもニコニコと腰の低いやわらかな大お婆さんをとても愛していました。この方はとても波乱万丈な人生を送っていて、大正生まれの自由な気質をいつも醸し出していて愉快でした。

 埼玉の加須でうまれ女学校へ進み、お嫁さん修行に麻布の(とても有名な)お屋敷に奉公人として暮らし、2・26事件の銃声を生の音で聞いたとか。米屋に嫁ぎ上野のおかみさんになってからも人を世話するのが大好きで、バタ屋のおっさんにさえもお茶と水菓子を必ず出したとか。

 日露戦争、太平洋戦争と大変な時代を過ごした割には、物資の不足で困ったことがなかったとか・・・隠れお嬢様だったみたいなのです。海外旅行も夫婦で何度も出かけ、オバチャンの頭の中では、ハワイとカリフォルニアとエジプトが隣町のようになっています。

 家族からだけではなく、ご近所さんや病院の看護婦さんやケアサービスの皆さん達からまで、いろんな人に愛されていました。きっと今も閻魔さまとお友達になって、お茶やお菓子をだし、和んでいることでしょう。安かにお眠りください。オバチャン。

 あいざわ米店は1月5日月曜日から平常営業となります。よろしくね! 
[PR]

by ainokome | 2009-01-01 13:29 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback