カテゴリ:あいざわ米店のお知らせ( 78 )   

山形米新品種の名前を募集中!   

平成30年の秋にデビュー予定の、水稲新品種「山形112号」のお米の名前を募集します。
Facebookにも上げたけど、うちのお店に応募用紙はありませんので、どうぞ皆様WEBから応募してね。
f0073704_177519.jpg

しっかりとした粒感、大粒で新食感なんだそうです。
期間は8月1日から31日ですって!
f0073704_1791184.jpg

つや姫の弟分だから「つや太郎」ってのはどうかな?「つぶ太郎」かな?
[PR]

by ainokome | 2016-07-29 17:17 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

28年度産新米第二弾「鹿児島コシ」入荷!   

7月の超早場米 第二弾 入荷のお知らせです。鹿児島県産種子島のコシヒカリ!
今年は天気もそんなには荒れず、順調な生育で収穫できました。
だから美味しいです!
f0073704_7524090.jpg

縁起の良い新米です。しかもコシヒカリ。例によって少量入荷なので売切れ御免です。
あいざわ米店では、全てのお米が1㎏から精米したてをお買い上げいただけます。
是非ご来店くださいね!


次の新米は8月の初旬に「佐賀県白石産 七夕コシヒカリ」の予定です。乞うご期待!
[PR]

by ainokome | 2016-07-23 07:57 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

日本一早い新米「石垣島ひとめぼれ」が入荷しました。   

まだ、七月だと言うのにもかかわらず、相沢米店には28年産のピッカピカの新米が入荷しました。
沖縄県石垣島のひとめぼれです。
まだまだ27年産のおこめ君たちもポテンシャルが高い中で、中ランクのひとめぼれがダントツの人気を獲得できるのでしょうか?不安がある中試食をしてみると!何と!ねっとりとしたモチモチ感は新米ですね~!

稀少なお米のため少量しか手に入りませんでしたので売切れ御免です。縁起の良い初物ですので、食べてみたいという方はお早目にどうぞ!店頭では1㎏から精米したてをお買い上げいただけます。
f0073704_15583310.jpg


この後は7月末には、日本一早いコシヒカリの新米が鹿児島の種子島から到着します。
そして、8月のお盆前には、佐賀県白石産の美味しい「七夕コシヒカリ」が入荷予定です。
お天気次第ですけど。乞うご期待!
[PR]

by ainokome | 2016-07-12 16:05 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

「愛の米」相沢米店のホームページのURLが変わりました。   

 皆様。いつも「愛の米」いなりちょう相沢米店のホームページをご覧いただき感謝申し上げます。
実は、そのホームページのURLが変わりました。
新しいのはコチラです→http://ainokome.com です。
これからもどうぞよろしくお願いします。
f0073704_23253380.jpg

[PR]

by ainokome | 2016-06-15 23:26 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

あいざわ米店の取り扱う「グアノ栽培米」について!   

 グアノ栽培米についてのお問い合わせがある都度、・・・これは何か説明のページを設けなくてはと思いつつ、なかなか手を付けられませんでしたが、ここで少し説明いたします。

 まず、グアノとは何か?
→それは、有機リン肥料です。山形県のマドラウイング株式会社が日本輸入元となっている100%天然有機リン酸肥料「マドラグアノ」のことです。米業界の関係者が一般のお米と分けるのに「グアノ米」とよく使います。

 次に、どこの何からできたのか?
→インドネシアのマドラ島のサンゴ鉱石です。インドネシアは火山活動による海底隆起を繰り返してできた島々。海底に堆積したサンゴ礁、魚類、プランクトン等の死骸が地上に押し上げられ、その上に無数の海鳥の糞がさらに堆積し、永い年月をかけ岩石状に変化しています。
100 %天然、無添加、均一。

 どんな効果があるのか?
→植物の生育に不可欠であり、とかく不足しがちなリン酸分が23%~32%も入っており、溶性部分は50%以上です。容易に土中で溶解し作物に効率良く吸収されます。
・30%以上のカルシウム成分は野菜、根菜類等の尻ぐされや芯ぐされを予防し、適量のリン酸分との相乗効果で病害虫に強い組織を形成します。
・本品のもつ微量要素は、農薬でいたんだ土壌や酸性化した土壌にも優れた肥効を表わします。
・生産物の硝酸態窒素を減少させ、美味しくて栄養価の高い作物をつくります
・マドラグアノは生産工程中に180℃~200℃の熱で20分加熱乾燥しており、シスト線虫等の細菌・病害虫・雑草種子に汚染されておらず、安心してご使用いただけます。(マドラウイングのサイトから引用)

 お米がどうなるのか?→めちゃくちゃ美味しくなります!

 では何でみんなで使わないのか?→高額な肥料だからです。施肥にもイネと対話する繊細さが要求されます。

 あいざわ米店のグアノ米は、
21世紀の新しい農業を創る会 会津支部の会津米コシヒカリ・ひとめぼれ・ミルキークイーン
山形庄内の「愛米倶楽部」(21世紀会)と、みずほ生産者グループの、コシヒカリ・ひとめぼれ・はえぬき・山形95号・つや姫
山形置賜の高畠「工藤農場」つや姫、米沢稔の会「上杉籍田米」コシヒカリ
秋田県大潟村の、斉藤幸子さんのあきたこまち「幸せこまち」
宮城県大崎の冬水田圃 蕪栗(カブクリ)沼の蕪栗千葉農場の「蕪栗米」ひとめぼれ
等々を取扱中です。
f0073704_1355288.jpg

             会津坂下の田んぼのまえで、21世紀の会の城取さんとツーショット!

[PR]

by ainokome | 2014-10-12 14:06 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

米トレーサビリティ法の施行についてだよ~!   

 平成23年7月1日より国内すべての飲食店で、使用しているご飯がどこのお米を使っているのか、産地情報をお客様にわかるようにしなくてはならない法律が施行されます。これを「米トレーサビリティ法」と言います。「米穀等の取引等に関わる情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律」という長い名前の法律なんです。

 そもそも何でこんな面倒な法律が今更出来たのか言うと、豚肉を牛肉と偽って売ったり、引き上げた期限切れの牛乳を乳製品の原料にしたり、付け出しを一度お客に出したけど、見た目が変わらないから御新規さんにそのまま出しちゃうようなお店があったりして、大きく社会を困惑させた事件が続いたからなのです。

 お米においても中国産の輸入米を長期保管してカビを発生させて、本来なら廃棄もしくは粉砕処理しなくてはならないのにもかかわらず、工業製品の原料にとお米の形のまま信じられないくらい安く売り、買ったブローカーが知らん顔をして、米を原料に使う酒造会社や加工食料品の会社などに、主食用米として売ってしまうという事件がありましたよね。いわゆる「事故米騒動」ってやつ。忘れちゃったかな?

 そんなこんなを受けて法改正が望まれ出来たのが米トレーサビリティ法ってわけ、われわれ米穀店ではすでに去年の10月からこの法律の一部施行を受け、米穀の取引記録の作成と保存を義務付けられていたのですよ。どこの産地のどんな人がどんな風に作ったお米なのか、ちゃんと記録しておいて、いつでも聞かれれば答える事が出来るのでした。万が一にも問題が発生した時のためにね!

 そしていよいよ皆さんが行く国内のすべての飲食店でも、お米の情報がわかるようにしなくてはならなくなりました。皆さんにとっては安心だよね。だから、7月1日になってからは、行ったお店でそういう表示が有るかどうかチェックしてみてくださいな。ちなみにあいざわ米店がお米を納入しているお店にはこんな表示が有るはずです。
f0073704_2117235.jpg

 五つ星お米マイスターが厳選したどんなお米を使っているのか、遠慮なく気軽に聞いちゃってください。ごはんのルーツを聞けばご飯を残しちゃうことも無くなるかもね。

 
[PR]

by ainokome | 2011-06-05 21:22 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

山形生まれの新品種「つや姫」発売開始!   

 サッカーJ1のモンテディオ山形のユニホームの胸に付けられた「つや姫」の文字。あれは山形生まれの新品種のお米の名前だったんです。知っていましたか?究極の美味しさと山形県民挙げての大絶賛のお米。実は開発には10年以上の研究と試行錯誤を重ねた努力のお米なのです。山形らしいですね。
f0073704_14461513.jpg

 あいざわ米店も4年前から何回も試食と評価調査に協力してきたので、ついに来た!って言う感動があります。「つや姫」と言う名称は全国に公募されたもので元は山形97号でした。僕も応募したんだけど落選しちゃったのね。応募した名前は「金亀錦」(キンカメニシキ)名品種「亀の尾」の血統を汲んでいると言うので…

 さてさて、いよいよ明日、平成22年10月12日、発売開始です。あいざわ米店では山形県鶴岡市の生産者グループ「愛米倶楽部」金内氏の育てた特別栽培米を取り扱います。有機肥料マドラグアノを主体に疎植農法、深水農法を駆使した米作り21世紀の会の庄内支部の美味しいつや姫です。

店頭には玄米の袋のままお客様をお待ちいたします。
f0073704_1562375.jpg

この表示が特別栽培米の証明。
f0073704_1575917.jpg

高温障害の心配もよそに良い粒の玄米です。
f0073704_159437.jpg

91%精米でこんな感じに、乳白色の粉状質部分も微少です。
f0073704_151412.jpg

炊きあがりはピカピカのつやつや。味も弾力もバランスが良くて美味しいごはんに。
甘みもしっかりありました。そして驚いちゃうのは冷してなお美味しいところ。半日冷蔵庫へ入れておいてもそのまま美味しく食べちゃいました。

店頭精米1キロ680円です。玄米そのままは1キロ599円。是非どうぞ!
[PR]

by ainokome | 2010-10-11 15:22 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

山形県庄内の超優良生産者グループ「愛米倶楽部」   

 去る1月27日、庄内の生産者のグループ「愛米倶楽部」さまの代表者の方々があいざわ米店に遊びに来てくれました。東京で行われた生産者の会合の後、短い時間を割いていただきわざわざおいでくださった事に感激いたしました。
f0073704_21241182.jpg

 お店にはちょうどご自分の作ったお米があったりして話も弾み、作付けから刈り取りまでの苦労が伝わってくるお話もしてくださいました。愛米倶楽部はエキスパートの集団で、数々のコンテストの上位を勝ち取っていますが、目はもっと未来を見据えています。日本の農業を強くするためのノウハウを研究していました。

 美味しいのにはきちんとした理由があったのです。特別栽培米のコシヒカリ・ひとめぼれ・はえぬき、そして来年から「つや姫」もしっかり売らせていただきます。今後ともよろしくね!

愛米倶楽部も米作り21世紀の会の会員です。会津支部のみなさんもご来店いただいてます。←クリック!
[PR]

by ainokome | 2010-03-07 21:32 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

営業時間が長くなりました。ほんの少しだけ。   

 店頭精米で搗きたての美味しいお米をと、現在32種類の玄米をご用意いたしました。1キロからお持ち帰りできるので、会社帰りのお客様もお寄りいただく機会が多くなってきました。一人ひとりの方とじっくりお話をしながらお米を買っていただきたいのでほんの少しですが営業時間を延長いたしました。

    平日は朝8時ころから夜の8時頃まで
      土曜日は少し早く夕方6時頃までの営業です。


明かりがついていたら8時過ぎてもやっているんだなと思ってください。
f0073704_21101877.jpg

             ご来店お待ち申し上げます。
[PR]

by ainokome | 2010-03-07 21:13 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback

「赤ちゃん誕生米」始めました。   

 ご出産のお祝いのお返しに、「赤ちゃん誕生米」はいかがですか?
生まれた赤ちゃんのお顔の画像を、純白の和紙のお米の袋に、美味しい厳選米を赤ちゃんの誕生時の体重と同じだけ入れて贈ってはいかがでしょう?まるで赤ちゃんを抱っこしているみたいに生命の喜びの重さをお伝えできるのではないでしょうか?
f0073704_14584845.jpg

 画像データをご用意いただいても、また、撮影に伺っても構いません。お一つからでもご注文承ります。価格等相談にも応じますのでお気軽にお問い合わせください。

参考:魚沼コシヒカリ約3キロ使用でお一つご注文(上の画像)の場合、税込4,380円(箱、包装、のし無、店頭渡し)です。
[PR]

by ainokome | 2009-11-23 15:15 | あいざわ米店のお知らせ | Trackback